製品・工法・サービス

耐震・維持修繕工法 seismic・maintenance and repair methods

WIDEセフティパイプ工法

地震によって発生したマンホール周辺地盤の過剰間隙水圧を消散し,マンホール内部に排水します。その結果,液状化によるマンホール周辺の摩擦力低下を抑制することと集水管に作用する土圧により,マンホールの浮上を抑制する工法です。


新技術研究成果証明書取得

Made in 新潟 新技術普及・活用制度登録 [登録NO.21D1003]

 

■特長

 
 
  1. (財)下水道新技術推進機構と共同開発した工法です
  2. マンホール内部から集水管を設置するため、マンホール周辺の掘削工事を必要としません(既設マンホールの場合)。
  3. 地上の占有面積が小さくても施工が可能です。
  4. マンホール内への排水は地震が発生した時だけですので、無用な水を下水に流しません。
  5. 既設マンホール・新設マンホールに対して施工できます。
  6. 大規模な実験(1/5スケール実験、1/2スケール実験)を繰り返し行い、浮上抑制効果を 確認しました。
 

マグマロック工法

下水道・農業用水等の既設管継手部を耐震継手とする事ができる工法で、漏水に対する止水は勿論の事、レベル2地震動に対応を可能とした既設管耐震対策工法です。


建設技術審査証明取得

 

■特長

 


 

ステンレス部材とゴム部材からなる複合体構造です。

 

  1. 下水道・農業用水等の既設管の継手部を耐震継手とすることができる画期的な工法です。
  2. レベル2地震動での抜出し長・曲り変位の基準値をクリアしております。
  3. 既設管の破損時、開口部からの土砂流出により生じた空洞部に裏込め充填を行うことが可能なため、陥没事故を事前に防止します。
  4. 止水性能0.1MPaを有しています。
  5. 既設管渠内の通水状態で施工が可能で、仮設費用が軽減されます。

 

マグマロック工法NGJ

下水道・農業用水等のマンホールに接続する本管に地震時の荷重を吸収する誘導目地とマグマロックを設置することにより、レベル2地震動に対応を可能とした耐震対策工法です。


建設技術審査証明取得

Made in 新潟 新技術普及・活用制度登録[登録NO.21D1002]

 

■特長

 


 

ステンレス部材とゴム部材からなる複合体構造です。

 

  1. 既設管と既設人孔の接続部を耐震構造とすることができる画期的な工法です。
  2. 盛土等の偏土圧を受ける管路の耐震化が可能です。
  3. 中・大口径の管きょでもφ600のマンホール孔があれば、全ての施工機械や材料を搬入できます。
  4. 誘導目地は、管壁の内側一部を切り込んで設けるので、施工時に地下水の浸入や土砂の流入はありません。
  5. 既設管きょの外圧強度は、誘導目地を設置した場合でも影響はありません。

 

スナップロック工法

既設下水道管渠の継手不良部やクラックから発生する侵入水を防止する非開削修繕工法です。

建設技術審査証明取得

 

■特長

 


 

ステンレス部材とゴム部材からなる複合体構造です。

 

  1. 止水性能0.1MPaを有しています。
  2. 内水管漏水箇所の修繕についても、補助板の併用により止水可能です。
  3. 不良箇所を部分的に修繕できるので、工期の短縮・経済的に優れています。
  4. 既設管渠内の通水状態で施工が可能で、仮設費用が軽減されます。