製品・工法・サービス

ヒューム管 humepipe

Wジョイント管

水密性をはじめとする継手性能を高めた管材であり、(社)日本下水道協会規格に曲線推進やレベル2地震動に対応できる管材として登録されております。
(社)日本下水道協会規格登録[JSWAS A-2]


■特長




  1. 確実な水密性
    • 形状の異なる2本のゴム輪を採用しました。
    • 接合用ゴム輪の採用により、めくれの無いスムースな接合が可能です。
    • ゴム輪を本体の溝部にがっちり固定していますので、推進や地震動による管の動きにもゴム輪がずれません。
    • ゴム輪が本体に装着されておりますので、継手が抜け出した状態でもカラー内面とゴム輪が地山との接触から保護されます。
    • 滑材及び止水材注入孔を装着可能です。
  2. 許容抜出し長が大きい
    • 曲線推進に優れた適応性を発揮します。
    • 耐震性に優れています。

Wジョイント管 NAIA

Wジョイント管に内圧性能を持たせた推進管です。雨水貯留管や伏せ越し管など内水圧が作用する管路にご使用ください。内圧強さ0.2MPa、0.4MPa、0.6MPa、外圧強さ1種、2種、3種、継手性能JB、JC、JDなど豊富なラインナップから選定いただけます。
(公社)日本下水道協会Ⅰ類認定資器材 [JSWAS A-2]


■特長




  1. 雨水貯留管や伏せ越し管など、浸水対策としての下水道用の管から農業用まで内圧性能の必要な管路に幅広くご使用いただけます。
  2. 内圧強さ0.2MPa、0.4MPa、0.6MPa、外圧強さ1種、2種、3種、継手性能JB、JC、JD、コンクリートの圧縮強さ50N/㎜2、70N/㎜2と幅広いラインナップを有しており、日本下水道協会規格JSWAS A-2に対応したほとんどの種類をカバーしています。このように多くの種類を1つの管材でカバーしているのはWジョイント管NAIAだけです。
  3. Wジョイント管NAIAとして継手性能JB、JC、JDのそれぞれを接続する管を用意することも可能です。
  4. ゴム輪を溝部にガッチリ固定する技術や接合用のゴム輪を用いる技術は、信頼性の高いWジョイント管および高水密Wジョイント管により蓄積された技術を生かしています。特に、JDの中押管は耐水圧0.6MPaとして繰り返し稼働試験で水密性を確認した信頼性の高い継手を採用しています。

Wジョイント管 METAL

外殻鋼管と内側の鉄筋コンクリートが一体となった合成構造の推進管であり、急曲線、内水圧、大深度などで高い性能を持っています。特に急曲線推進に対応した1/3管や1/4管といった短尺管の対応性に優れ、厳しい施工条件にも適用可能です。
(公社)日本下水道協会Ⅱ類登録資器材[外殻鋼管付きコンクリート管]

 

■特長

 
 
  1. 急曲線推進の対応性に優れ、有効長800㎜(1/3管)や600㎜(1/4管)といった規格も有しており、日本下水道協会認定品として使用いただけます。 ※この他の有効長の管は、お問い合わせください。 ※短い管を組んで出荷することも可能です。
  2. 外圧強さ1種から4種管までの規格を有しており、大深度の載荷荷重や急曲線推進によって施工時に大きな反力が作用する条件での対応性に優れています。 ※この他の外圧強度においては、お問い合わせください。
  3. 内圧強さ0.2MPa、0.4MPa、0.8MPaの規格を有しており、雨水貯留管の他に伏せ越し管や農業用のパイプラインに適用可能です。 ※この他の内圧強さにおいては、お問い合わせください。
  4. 継手性能では、日本下水道協会の継手性能区分JCおよびJDと同じ抜け出し長60㎜を有しており、耐水圧は内外圧共に0.2MPa、0.6MPaに対応しています。
  5. 2本のゴム輪を溝部にガッチリ固定する技術や接合用のゴム輪を用いる技術は、信頼性の高いWジョイント管の技術を応用しています。
  6. バッキング防止の加工や多孔管、直接流入管などといった加工に高い適用性を有しています。
  7. 継手形状の適用性も高いことから、鉄筋コンクート製の推進管との接合が可能であり、経済的な設計ができます。
 

Wジョイント滑材注入管

推進工事において滑材の性能を有効に引き出すため、滑材注入の専用管として開発しました。小口径推進においても滑材注入を可能にしています。

 

■特長

 
 
  1. 滑材の排出孔を円周上に複数配置したことにより、管外周全体に効果的に滑材を注入できます
  2. 滑材排出部を斜め後方に向けてあるため、地山を乱す恐れが軽減されます
  3. 推進路線の任意の位置に配置可能です
  4. 小口径推進の推進路線途中での滑材注入を可能としました
  5. 呼び径600以上では現在の2インチ注入孔用の注入設備をそのままご使用いただけます
 

高水蜜Wジョイント管

Wジョイント管の継手構造に改良を加え、大深度専用の推進管として大幅に継手性能を向上させました。継手の許容外水圧は0.6MPaまで可能としました。
建設技術審査証明取得

 

■特長

 
 
  1. Wジョイント管の良いところはそのまま継承し、信頼性の高い水密性を実現しました。
  2. 高水密用ゴム輪を新しく採用しました。接合用ゴム輪と継手用ゴム輪に加え、新たに水膨張を採用した高水密用ゴム輪を開発し、水密性を飛躍的に向上させました。
  3. 継手の曲げ性能はJSWAS A-2の継手性能区分JAと同等です。
 

フリージョイント管

フリージョイント部を人孔取付部や地盤の急変部など管の任意の位置に設定でき、レベル2地震動の抜出し及び屈曲に対応します。

 

■特長

 
 
  1. フリージョイント部を管体の任意の位置に設置できます。
  2. 立坑部周辺の不等沈下による曲げ変形に対応できます。
  3. 本体と同じ継手構造のため、フリージョイント部を保護しなくても曲線推進が可能です。
  4. 大きな変位が必要なときは、1本の管に複数のフリージョイント部を設置できます。
  5. レベル2地震動による抜出し及び屈曲に対応します。